風邪の対処法

風邪がはやってきているようです。

あなたは、風邪ひいたとき、どうしていますか?

すぐに風邪クスリを飲む?

すぐに病院に行く?

とりあえずよく寝る?

栄養をつける?

・・・いろいろな方法があると思います。

僕自身は、しばらく風邪ひいていないですが、風邪ひいたときはまず、食べるのをやめます。食べるとしてもせいぜい、果物少量かヨーグルトくらい。
胃腸をやすめて、あとは調子をみて、「手湯、脚湯」をします。

お風呂をお湯少なめに、熱めにためて、服は着たままで脚と手だけ湯船につかります。そしてしょうが湯を飲んで、すぐお布団に入ります。
すると・・・すごく汗をかいて、スッキリしてきます。

ただ、あまりに熱が高いときとか、具合が悪いときはおすすめしません。
冷えを感じて温めたいな、と思うときは最適です。

そして、じつはもうひとつ、おすすめのことがあります。それは・・
整体、です。

今日も、Mさんが「風邪ひいてしまって・・」とつらそうに来院されましたが、帰りは「だいぶスッキリしました」と喜んで帰られました。
じつは風邪のときの整体は、通常と多少違うことをやります。
身体には、風邪のときに「詰まりやすい」ポイント(いわゆるツボ)があり、そのポイントを刺激することで流れを取り戻し、風邪特有の痛みや重だるさなどがラクになるのです。
不思議なことに、風邪のときは、ふだんはないポイントができてくるのです。
さらに、肝臓や腸、腎臓といったポイントをあたためてあげることで、身体の回復をうながします。
これはおそらく、あまり通常の整体院ではやらない手当て法だと思います。

当サロンは、そもそも整体というよりも「体質改革」を目的としています。
ですので、風邪のときはかえって、自分の身体のことをしっかり見直すチャンスとなりますし、僕はそう考えています。

実際、風邪や体調不良をきっかけに、太りにくい体質に切り替わった方を何名もみてきました。
ただ大事なのは、クスリに頼るだけでなく、自然な方法もとる、ということです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP