体調や気分の変化について【重要】

今までダイエットを繰り返してきた方の多くは、「自分に合う方法さえわかれば、あとは順調にやせていける」と考えているかもしれません。
もちろん、そういうこともあります。
でも僕は、10年、20年単位で人の健康と美に関わる仕事をしてきたのでわかるのですが、身体というのは、いくらいいことをやったとしても、なにごともなく順調に変わっていくということは、ほぼありません。
がっかりさせてしまうかもしれませんが、僕はきれいごとはいいたくないので、ほんとうのことをいいます。
むしろ、自分に合う正しい方法をとればとるほど、2つの理由から、身体が反発してくることがあります。
そのことについて、少し長くなりますがくわしくお話していきますね。
その1:身体は変化したがらない
私たちの身体は、自律神経というシステムに守られています。さらに潜在意識レベルで、今までの自分をできるだけ保とうとする力がはたらきます。つまり、変化を拒むのです。
当サロンでおすすめしているような根本的な体質改善、生き方改革を始めると、一時的に体調が悪くなったりなにもやる気がなくなったりすることもありますが、それは身体や無意識レベルが変化を止めようとしている時なのです。

その2:浄化作用
私たちの身体は、食べすぎやストレス、過労などが続くと、その対処を優先するため身体の浄化作用が低下、いろいろなもの(脂肪、老廃物、毒素)を身体のあちこちに、いろいろな形でためこみはじめます。
それが肥満であり、心や身体の不調、病気と呼ばれるわけです。
この状態で急に体質改善をはじめると、身体は一気に浄化モードになります。すると・・・
発熱、痛み、だるさ、気分の落ち込み・・など、さまざまな症状が出ることになります。
ここで多くの人は「調子が悪くなった」と判断して、せっかく始めたことをやめてしまいます。
するとまた、身体はためこみモードに戻りますから、いったん不調は消えます。
ただ、長期的にみると・・どうでしょう?

これら2つのことをしっかり理解してから、身体の根本的変化に取り組む必要があるのです。
途中で心身の不調が出てきても(そのときはもちろんつらいですが)驚かず、さしあたりやってきたことをおやすみして大丈夫ですので、身体の調子、コンディションを整えることを優先してください。
たっぷり寝るのもあり、好きなものを自由に食べるのもあり、どこかに気分転換に出かけるのもあり。
こういうときは、無理に「やせよう」とか考えず、充分に休養をとって身体の浄化を助けることです。
身体の修復は、休んでいるときにこそおこなわれます。

身体が健康に向かうときほど、途中で、本来の身体の状態が現れることがあります。
自分では元気!と思っていても、じつはすごく疲れていた・・とか、いろいろなことに気づくと思います。
これだけ気をつけている僕でも、いまだに、無理が続くと不調が出てくることがありますが、それも健康な証拠。鈍い身体では、無理しても平気。でも身体には確実にダメージが蓄積されています。
身体がよくないときは、よくない状態をしっかり「感じられる」のが健康。
「なにもない」のが健康なわけではないのです。

このように、身体や健康、体調、気分などに対する「とらえかた」を変えることがすごく大事なのです。
昨夜来院されたOさんも、今はすっかり健康で細身のパンツが定着していますが、今の身体に変わる前に、1ヶ月近い不調を経験しています。その時は詰めてサロンに通っていただきました。
ここを不安になりすぎずにうまく経過したことで、その後、見違えるような身体に変化しました。

一時的な体調や気分の変化はたしかにつらいのですが、ここをクリアして途中休んだとしてもあきらめずにゴールまで続けていくことで、自分自身が一歩、二歩と進化、成長できるのです。
今、うちのサロンの1スペースで美容サロン「ルフラン」をやっているヒロコさんも、僕のサロンに来院された当初は心身ともひどい状態で、僕のサポートのもとで根本的な体質改善を始めてから一回調子をくずしたものの復活。今では見違えるほど元気にイキイキとサロンをやっています。
僕が「絶対にあきらめるな!」とくりかえしアドバイスしたことがよかったみたいです。

サロンに通っていただく以上、僕は皆さんの絶対的な味方ですから、どんな小さな事でもかまいません。遠慮なくいつでもご相談、ご連絡くださいね。

  1. 7a079b4c

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP