「苦手」「嫌い」とどう付き合うか?

自分の変えたい、と思ったとき。特に、身体を変えたいとき。

人間の身体の性質上、どうしても外せないことがいくつかあります。

たとえば「野菜がどうも苦手」で、ほとんど野菜を食べてない人がけっこういますが、それでは健康になるもやせるのも(特殊な体質でないかぎり)無理。

めんどくさい、という人もいれば、単に嫌い、という人もいます。

時々「好きなことだけやって、苦手なことや嫌いなことはやらなくていい」

みたいなことを言う人がいますが、それをそのまま表面的に受け取ると・・・どうなんでしょう?
もちろん、まず好きなこと、得意なことからやってみるのはオススメ。でも、苦手だからとずっと避けていることがいくつもあったら・・・

いつかそれがブロックになって先に進めなくなる可能性があります。

とはいえ、誰でも、苦手や嫌いなことはやりたくないですよね。

一方で、そういったことが、自分を変える大きなチャンスに変わったりもします。

僕が皆さんに言うのは、「自分が苦手なこととか嫌いなことにこそ、自分を劇的に変えるチャンスが隠れてる」ということ。

では、どうしたら、いままでの自分がキライだったこと、苦手だったことにチャレンジしようと思えるのでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP